BONBON de JULICA/ジュリカのボンボン・スワロフスキー


ジュリカのシグネチャー「BONBON ボンボン」。
フランス語で"砂糖菓子"を意味します。
日本の砂糖菓子といえば、金平糖。
金平糖のように シンプルでカワイイかたちは、日本独特の美意識をジュリカなりに具現化したもの。
飽きのこない無駄のないフォルムは、 光に当たると美しいクリスタルが反射し、キラキラと光り輝く美しさ。
そこには 何か美しいものを見たとき・ユーモアのあるものを見たときの、心がくすぐられるような ときめき がつめこまれています。


BONBON de JULICA/ジュリカのボンボン・スワロフスキー





ジュリカのボンボンはすべて、世界にただ1つの1点もの。
スワロフスキークリスタルを1粒1粒 手作業で 丁寧に 時間をかけてセッティングしています。





ジュリカのボンボンで使われているクリスタルはすべて、スワロフスキー社製。
「ダイヤモンドを全ての人に」をモットーに、1895年に創立されたオーストリアのクリスタルブランドです。
独自の高度な技術によるカッティングから生まれる輝きは、息を飲む美しさ。
ジュリカでは、このスワロフスキークリスタルのみを使って ボンボンを制作しています。


すべて手作業で 時間をかけて丁寧に作られているジュリカ。
ジュリカを見ただけで心がときめき、笑顔が生まれ、世界中に LOVE が溢れますように。
ジュリカを身につけて、心も体もときめく1日を。

BONBON de JULICA/ジュリカのボンボン・スワロフスキー


image from HARPER'S BAZAAR by Richard Avedon, 1965